株式投資を使いこなせる上司になろう
株式投資を使いこなせる上司になろう
ホーム > 注目 > 2ちゃんねるの名誉毀損の判例とは

2ちゃんねるの名誉毀損の判例とは

2ちゃんねるは匿名で投稿できるため、投稿主になりすまして第三者を誹謗中傷するなどの行為が後をたたず、被害者が名誉棄損で訴えるというケースが生じています。最近のケースでは業務委託を請け負ったシステムエンジニアが契約先の会社員になりすまし投稿され、被害を受けました。裁判で訴え、名誉毀損で200万円近くの慰謝料を勝ち取ることができています。被害にあった場合、インターネット上の誹謗中傷や風評対策の経験が豊富な法律事務所に依頼すると安心です。弁護士法人ATBはこれまで数々の2ちゃんねるでの判例を請け負っています。経験豊富なスタッフが丁寧に対応してくれます。2ちゃんねるで名誉棄損の書き込み被害にあった場合、迅速な対応が必要です。弁護士法人ATBは対応に熟知したスタッフがおり安心です。