株式投資を使いこなせる上司になろう
株式投資を使いこなせる上司になろう
ホーム > ダイエット > 酵素が摂れる食品は・・・

酵素が摂れる食品は・・・

「そんなに食べ過ぎていると思わないし、運動も積極的に行っているのに痩せるどころか、逆に少しづつ体重が増えている・・・」と嘆いているダイエッターは結構いらっしゃるのではないでしょうか。

その原因は、体内に存在する酵素が不足して、消化機能や体全体の代謝が低下して太りやすい体に陥っているからなのかもしれません。

本来、体内に十分な量の酵素が存在していれば消化機能や代謝機能が活発に働きますが、加齢の影響などで酵素が不足気味になると、あらゆる機能が低下し、免疫力も弱くなるので病気にもかかりやすくなってしまいます。

もし、このような酵素不足を感じるようであれば、酵素をたっぷりと含む食材を積極的に食べて、外部から酵素を取り入れることをオススメします。

こうした体内活動を活発化する酵素には、さまざまな酵素がありますが、食品から摂取する酵素もさまざまな種類が存在しています。

タンパク質分解酵素には、パイナップルやパパイヤに多く含まれ、肉料理などの食事と相性がとても良いので肉好きの人は、ぜひ、取り入れて下さい。

炭水化物分解酵素は、大根やキャベツ、山芋、バナナなどがあり、ダイエットに有効な脂肪分解酵素は、納豆、味噌、漬物などの発酵食品に多く含まれます。

これらの食物酵素は、自己消去する働きがあるので、もともと体内にある消化酵素を使わずに済み、その分を代謝酵素へと回すことができるので、健康的な体作りに有効です。

基本的に食物酵素は、生で食べることで効果があり、逆に48℃以上の加熱で死滅してしまうので、魚はサシミ、野菜や果物は生で食べるようにしましょう。

また、野菜や果物などをミキサーにかけてフレッシュジュースにして飲んでいる人も大勢いらっしゃいます。

確かにフレッシュジュースは、ビタミンやミネラルも一緒に摂れるので健康的にもとても有効です。

ある人は、ミキサーにかけると細胞がつぶれて酵素が活性化し、酵素力が高まると言っていますが、あまり高速でミキサーにかけ過ぎると、逆に酵素が破壊されてしまいます。

もし、ミキサーを使うのなら、低速での使用をオススメします。

健康的に痩せるためのダイエットを考える!

そして、発酵食品は発酵過程で酵素力がアップし、腸内環境を整える乳酸菌も含んでいるので消化もスムーズに行えるようになります。

日本食と言えば、味噌汁、漬物、納豆など発酵食品を多く使ったものが浮かびますが、実は、昔から日本人は朝からしっかりと酵素を摂取する食事を取っていたのです。